バイアグラ効果

バイアグラのプラシーボ効果

世界中で人気のバイアグラにも、研究途中でプラシーボ効果に関することもきちんと調査されました。

 

プラシーボ効果とは、人間の思い込みによって症状の改善がみられることです。

 

昔のことわざにも病は気からというものがありますが、医者が「この薬を飲めばすぐに良くなります」と言って渡された薬を飲むとすぐに効果が出る人がいます。

 

しかし、実際にはその薬にそのような効果がなくても、医者から説明されたものを飲んだと思い込むだけで、症状が改善するケースが確認されているのです。

 

バイアグラの臨床試験に関しても、この薬を飲むと勃起不全が治ると思い込んでいる被験者がいると検査の結果に不確定要素が入り込み、正確なデータが取れないのではないかということなのです。

 

もちろんバイアグラの製造元であるファイザー社もこの件に関して慎重に対応しています。

 

プラシーボ効果への対処法をしては、バイアグラの臨床試験であることは被験者には打ち明けますが、そのうちの何人かには偽物の薬を飲んでもらいます。もちろんそのことも打ち明けます。

 

さらに、研究者の方にも度の被験者が偽物の薬を飲んだかがわからないようにします。

 

研究者にはデータだけを見て検査をします。なので、偽物の薬を飲んだ被験者のデータと本当にバイアグラを飲んだ人のデータが合わさります。

 

そのあとで、バイアグラを飲んだ人と偽物の薬を飲んだ人とのデータに分けてその効果を見ます。

 

バイアグラと偽物の薬を飲んだデータに大きな差があれば、バイアグラの効果が実証できるのです。

 

このようにして被験者にも研究者にもわからないようにして、余計な不確定要素が入り込まないようにしてバイアグラは検査されたのです。

 

このようにしてバイアグラのプラシーボ効果は研究データにはなかったことが署名されたのです。

 

そのほかにもファイザー社は様々な研究データの懸念点をしらみつぶしに無くしていきました。

 

それ以外にも、勃起不全についての知識を無料で多くの方に伝えたりして、その当時にはアメリカでは勃起不全が社会現象になるほどでした。

 

初めて聞く勃起不全という言葉に、多くの男性が自分にも心当たりがあることだと感じ、自分自身も勃起不全なので、バイアグラを服用してみようと思うようになったのです。