バイアグラ効果

バイアグラの広告効果

ファイザー社はバイアグラ販売前から様々な販促広告で効果を上げようとしていました。

 

ちょうど今まで医薬品の広告が禁止されていたのが解除されたという背景もあり、その広告は過剰なものだとも言われています。

 

バイアグラを飲むと誰でも効果があるという宣伝ではユーザーが食いつかないので、まず、勃起不戦と言う症状を一般の人に知ってもらうことを始めたようです。

 

バイアグラの広告塔とも言われている元大統領候補だったドール氏は、勃起不全の回復には勇気が必要であると広告で言っている。

 

そのテレビ広告にはファイザー社のロゴが入っているので、バイアグラという言葉がなくても、勃起不全とファイザー社との関連を印象付ける効果があったのです。

 

そのために、多くの一般の男性がバイアグラ発売前からバイアグラの使用方法の事前レクチャーを受けているかのような効果があったのです。

 

広告を見るまでは自分が勃起不全だとは考えもしなかった男性たちが、ファイザーの広告の効果によって、自分ももしかしたら勃起不全なのではないかと考えるようになったのです。

 

そして広告には、その治療法にはこれから販売されるバイアグラの有効であるという印象を持つ効果もあったのです。

 

その広告効果があって、バイアグラの販売が開始されると泌尿器科の病院の電話線がパンクしました。