バイアグラ効果

バイアグラの効果の宣伝

本来健康な人に、自分は病気だとか軽い病気にかかっていると思いこませたり、軽い病気なのに重いと思いこませたりして病気を作り上げる行為が行われることがあります。

 

そのケースはファイザー社が行ったバイアグラの販売路線にいているという指摘があります。

 

人々に勃起不全だと思い込ませることによって、バイアグラが大きな商売になっているというのです。
できるだけ多くのユーザーに医薬品を売り込もうと、製薬会社は一般の人々に彼らが本当に勃起不全なのだと思いこませなくてはいけない。

 

性機能障害について話したうえで、その病気にかかっている可能性が極めて高いと感じるために、国民の多くがかかっているというのは、自信を気付つけることになる。

 

そして、あまり考えすぎると、このようなことで本当に勃起不全になってしまう可能性があるのです。

 

バイアグラの効果には心因性の勃起不全にも発揮できるので、ファイザー社にとっては患者が増えれば増えるほど、バイアグラの販売数が増えるのです。

 

バイアグラの効果の宣伝には多くの人に使ってもらうのが一番です。それで効果が出た人の多くはバイアグラの効果について周りに話をするでしょうから、興味を持つ人はバイアグラを買い求めるのです。

 

なので、ファイザー社が勃起不全について報道すればするほど、患者数が増えます。患者数が増えれば増えるほどバイアグラの販売数が増えるのです。

 

勃起に関することに無関心二だった人々、特に高齢者の中にもバイアグラの効果を聞いてもういとど勃起したいと思う人が数多くいます。

 

60歳や70歳を超えた男性で勃起ができなくても普通だと思われていた時代なら、バイアグラの効果を聞いても勃起したいと感じる人はいなかったかもしれませんが、

 

今では高齢者も性生活を他の住む文化がきちんと出来上がっているのです。そのためにバイアグラの効果を聞きつけた高齢者も人々も多く勝バイアグラを買い求めて性生活を楽しんでおられるのです。

 

これは海外でのお話ですが、日本ではまだ高齢者の性生活が開放的に話せない文化です。なのでバイアグラの効果もそれほどまだ広まってはいません。

 

それでもこれからの高齢化社会の奏で必ずこの問題が大きくなってくるのです。その時にバイアグラの効果についてまた議論されることでしょう。