バイアグラ効果

バイアグラの効果を事前に公表

ファイザー社はバイアグラを発見してからは、実に考えて行動に移しました。

 

多くの報道機関にバイアグラの効果をきちんと説明し、さらに大規模な調査を何度も行い、株主から多くの資金を集めて、販売促進の行動も起こしました。

 

この行動を起こしている時にはまだFDAからバイアグラの効果についての認可は下りていないにもかかわらず、世論をたきつけていたのです。

 

事前に公表することで、世論は一期にバイアグラの効果に着目しました。さらにファイザー社はバイアグラによって改善される症状も公表しました。

 

しかし、勃起と言う現象をきちんと理解している一般人は少数でしたので、ファイザー社によって報道されている勃起不全の症状が自分にも少しでも心当たりがあると、自分も勃起不全なのではないかと思う人が大多数だったのです。

 

その報道の買いがあって、日に日にバイアグラの注目度は高まりました。さらにはその注目度の高さが功を奏したのか、わずか半年間と言う異例のスピード承認をFDAが認めたのです。

 

その背景にはもちろんファイザー社が独自の資金で集めた臨床試験の膨大なデータを公表したことも一役買っています、されには世間の注目度と勃起不全薬という特殊な条件から、承認を引き延ばしにしてしまうと、一般の人々が混乱してしまう尾をレがあると考えられたそうです。

 

それも計算のうちだったのかもしれませんが、ファイザー社のバイアグラの効果データの公表がFDAスピード承認の要素だったことは確かです。

 

FDAにとってはそのデータで迅速に検証ができたし、一般人にとってはそのデータを見ることで興味が膨らみ世論を動かしたのです。

 

しかし、この販売前のバイアグラの効果の報道は、ファイザー社が一方的に流している情報にすぎないので、鵜呑みにするには危険かもしれないという専門家もしました。

 

それもそうです。ファイザー社は自社で製造した薬をたくさん売りたいので、都合の悪い情報を隠している可能性があるからです。

 

そのデータを見たあるジャーナリストが、データを検証した結果バイアグラのプラシーボ疑惑を報道しました。

 

臨床試験のデータを検証してプラシーボと言う偽薬を服用したにもかかわらず、勃起機能が向上したと答える人が多かったことに言及したのです。

 

バイアグラの効果で勃起機能が向上したのではなく、プラシーボ効果で勃起不全が改善されたのではないかということです。

 

しかし、そのジャーナリストが調べたデータよりもより高だしで制度の高いデータをファイザー社が提出し、このジャーナリストの疑惑配収されたということです。